スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察審査会-匿名ダメ。弁護人、構成員の人選において政治的信条も含めて無作為の証明をせよ。&可視化せよ。

 昨日は、朝からアクセスが多いと思ったら、山崎行太郎氏の『毒蝮山荘日記』様で、当方のエントリを紹介してくださっている単 純な者様のコメントが取り上げられていて、そちらから430のアクセスがあったの と、同じくTHE JOURNAL様での単純な者様のコメントから60、Twitterから 250ありました。総アクセス2300と過去最高ではないかと思います。 


 最近では、明るい憂国の士様や 純一様が阿修羅掲示板に投稿をしてくださって、ア クセスは、伸びています。晴天とら日和様 が以前に何度も紹介してくださったことも大きかったですね。書ききれませんが、その他紹介していただいた皆様、ありがとうございます。検察八分にあってい るので助かります。ヤフーの検索は、昨日は16でした。いかにヤフーが権力に迎合して厳しく検閲しているか分かろうというものですね。グーグルも94です から、検閲はしています。

 さて、昨日は、hogeさんのコメント

審査会メンバー を主導したのが米沢弁護士で、なんと麻生前首相のグループ企業(笑)の麻生総合法律事務所所属。メンバーは任意公募で、とまさに旧勢力の意 のままに操られましたね。
_______________

はい、犯罪ですね。しかしそれは現行法では犯罪「的」であって犯罪にはならないのが悔しいところ。

既存のプレスが一切報じないこの重大事実をどんどん拡散してください!

 を、脊髄反射的に twitteしたのですが、いや、hogeさんは、まじめな気持ちでコメントしてくださっていると思います。まさか、偽メール事件のようなことではないと おもっているのですが。ま、しかし、内容が未確認であったのでtwitteするには軽率だったと反省しています。でも、開き直りじゃないですが、このぐら いの疑いをかけられたとしても、「人の一生を左右する権限を持つ公的存在」である検察審査会、主導弁護士は、そうした疑いが事実に反すると証明する義務を 負っているばかりと考えるので、大したことではないと考えています。が、拡散お願いでリツィートしてくださった方には、申し訳なかったのと、この一件で フォロワーがものすごく増えたので、いいのかな~と思っています。

 さて、検察審査会だけど、「起訴相当」もの重い議決を出すからには、やはり、公正に選ばれた人たちでなければいけないわけで、主導した弁護士は、 どういう経歴の持ち主かを明らかにする必要があるし、選出審査員もどこの何者であるかを明らかにする必要があると考える。

 しかし、驚いたことに、申告人が匿名であり、11 名の審査員も匿名であり、主導する弁護士についても詳しいことが分からないと きている。こうしたよくわからない連中により、小沢氏の政治生命を断つ「起訴相当」の議決が下されている。重い責任を負う行為であるにもかかわらず、無責任な匿名でよくわからない人たちが行うことはどう考えても間違っている。重い責任を負う行為が無責 任に行われている事実には、驚愕している。


 申告人については、本人がブログに書いたことでわかってきた。しかし、NHK始めマ スゴミは一切報道していない。


http://ameblo.jp/doronpa01/entry- 10451351357.html(桜井誠)

検察審査会へ不起訴不当の審査申し立てを行いました

平成22年2月5日(金)東京検察審査会に対して、民主党幹事長小沢一郎の政治資金規正法違反容疑での起訴を見送った東京地検特捜部の 判断を不服として、不起訴処分の是非を問う申し立てを行いました。この申し立ては2月5日付で検察審査会事務局に受理され、来週明けに受理通知が届くそう です。

<中略>

不起訴決定後、極力早く審査申し立てを行いたかったため、今回の申し立ては桜井一人だけで行いました。小沢一郎という巨悪を眠らせては いけないこともありますが、外国人参政権実現のために誰よりも積極的なこの民主党大物政治家の動きを止めなければならないからです。一連の小沢ショックと も呼べる政局の中で、外国人参政権問題は一時期に比べてかなり下火になってきた感があります。しかし、同問題の中心にいる政治家が不起訴になったことで、 またぞろ外国人参政権法案の国会上程を目指した動きが加速する可能性があるのです。

 この桜井誠という人は、在 特会のリーダー。在特会というのは、たとえば「日本軍の従軍慰安婦への謝罪と補償」を求めるグループの活動を妨害するという正当な抗議アピールに 対して弾圧を行う役割を演じているゾンビ集団だ。

 

戸田ひさよし氏 は、大阪で在特会による襲撃事件にあっている。かなり長いが、どこもはしょれず、そのまま転載させてもらう。

4/7 夜、在特会ら30名が警官目前で戸田を執拗に襲撃!ケガはないがメガネ失う被害に! 

 急報である。
 「人間のクズ」在特会・主権回復会どもの集団狂気の実態をまざまざと見た。

 事件は「従軍慰安婦問題4/7大阪水曜デモ」行動が終わった後に起こった。
参照:↓↓↓
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6384;id=01#6384
  夜7時~8時予定の大阪駅前歩道橋上での宣伝行動が、警官隊に過剰に囲まれ
、在特会・主権回復会どもの輩と対峙する中で、8時少し前に終了した。

 それで運動側は阪神百貨店ビルの1階に降りて、5分ほどガヤガヤした後解散。
 戸田はJRで京橋まで出てから京阪で帰るために、阪神百貨 店横から歩道橋に
上がってJR大阪駅に降りようとして進んだ。
 歩道橋の上にまだ警官隊がいて、在特会も帰る途中かもしれないのでデジカ メ
動画を撮影しながら進む。歩道橋を上る時のモニター画面時刻が8:01。

 歩道橋の上を通ると、在特会・主権回復会(以下、「在特会ら」と呼ぶ)の連
中が戸田を見つけて「戸田だ!」、「戸田だ、この野郎!」と喚 きつつ、明らか
に殴りつけ、蹴り付けて集団暴行しようとして襲いかかって来た。
 大勢の警官が警備している目の前でである!

 警官らは本来ならば、そういった暴力輩を厳しくはねつけて取り締まる職責が
あるはずなのに、襲撃集団を体で止めつつ、戸田に「あんた早く 立ち去ってくれ」
とケンカの仲裁みたいな対応しかしない。

 そうこうしているうちに在特会らはますます大勢の連中が、女数人も混じって
、その場にいた連中総結集みたいな感じで、たったひとりの戸田 に怒号を浴びせ、
目を血走らせて襲いかかって来た。
 その異常なテンションの高さに警官らも気押されしている様相。

 戸田が下りエスカレーターを降りる間、戸田を後ろの警官らの後ろから襲いかかる者、
上りエスカレーターを駆け下る者、隣の階段を駆け下る 者と、まるで映画のゾンビ集団み
たいに在特会らは戸田襲撃に大騒ぎ。

 そうして戸田がエスカレーターを降りて地面に立った時には、戸田の回りの警官らを在
特会らが取り囲んで2方向3方向から戸田に襲いかかる 事態になった。
 警官の体の隙間から手を出して戸田をこづこうとする者、蹴りを入れようとする者、デ
ジカメを奪おうとする者、そしてメガ ネに手をかけて意図的に落としてしまう者まで現れ
た。

 デジカメとカバンを守りつつ顔を上げてクズ共を見据えていた戸田は、メガネを落とさ
れる事までは防ぎ切れなかった。
 メガネを落 とされてすぐ、回りの警官らに「大事なメガネを落とされた」、「メガネ
を探してくれ」と何度も求め続けたが、警官らは「とにかくこの場所から移動 し
てくれ」と言うばかり。

 で、エスカレーター下からちょっと移動する時に、黒い服の50代男が目を血走ら
せながら襲いかかって来て、ヒザ蹴りを出し、それが戸田の 右腿に少し当たった。
 他にも1回、誰かからヒザ蹴りをされている。

 少し移動したものの、クズ共の集団狂気が凄まじく、暴力取り締まり姿勢がそ
もそも弱い警官らは人数が多くても全然制圧できず、クズ共に好 き勝手に吠えら
れているばかり。

 戸田を警官らが壁に押しつけて包囲し、そのすぐ外で在特会らが「戸田をやっ
てしまえ!」と怒号して隙あらば暴行しようと暴れまくってい る、という異様な
状態だ。
 この異常事態が日本第2の都市、大阪での夜8時の人混みの中で堂々と展開さ
れている事の不条理さ!

■「映画のゾンビみたい」と言ったが、怒号し憎悪感情むき出しに飛びかかって来る分、
 ゾンビよりもっと狂気じみている、と言っていい。
   どいつもこいつも、「目が完全にいっちゃってる」感じ。
  かつてアメリカで黒人をリンチ殺人した白人集団はこんな感じだっただろうな、と騒
  動の中で戸田は思った。
  (大変な騒動の渦中だったが結構冷静にアホウ共を観察していた)

■こいつら自身は運動への罵声の中で「○○を逮捕しろ!」とか「犯罪左翼!」とか言う
 一方で、自分らは警官の目前かつ大勢の公衆の目前で 本気で暴力襲撃しても全然平気、
 自分らは全然悪くない、と特権的に思いこんでいる事に改めて呆れる。

■しかもこいつらのほとんどは、水曜デモ宣伝の前半に戸田に罵声を浴びせに来て、戸田
 から動画撮影されているし、他の活動家からも、警察 からも写真撮影されている。
  それなのに、平気の平左で警官らの目前で暴力襲撃するのである。
  戸田襲撃の現場でさえ、戸田がデジカ メを回している事を何人かは知っていて襲撃し
 ているのだ。
 「頭のおかしいガキ」のような連中である。
 「犯罪をしたら罰せら れる」という体験をしないと分からないアホウ共なのだろう。

■警官の止め方がもっと緩かったら、戸田は間違いなくバキバキに殴られ、蹴られてケガ
 をさせられただろう。目が行ってしまってる 20~30人に襲われたらよほどの強者でな
 いと無事には済まない。ケガをしたら本格的に訴訟できたのだが・・・・。

 警官らが騒ぎを収めさせたのは20分以上も経ってからだった。
その間に無辜の市民(戸田のこと)が集団暴行の脅威に晒され、5万円の大事 なメガネ
を失わされ、身動きもならない状態にされて公衆の面前でクズ共から名誉毀損の罵詈雑
言を浴びせされ続ける、という大きな被害を受 けたのである。

 右手の方で在特会らが警官の幹部に「警察は約束を破った。話が違うじゃない
か」という不思議な抗議をして、幹部のような警官がそれをなだ めているのが戸
田の耳に入った。
 詳しい話は分からないが、警察が在特会らに対して凶悪な暴行集団としてではなく、
ご機嫌を取っ てなだめる対象として接している様子がはっきり伺えた。

 ようやく一段落してから、警官が戸田をメガネが落とされたエスカレーター降
り場に案内し、メガネを探したが全く見あたらず。戸田の前に警 官もその周辺を
探したが見あたらなかったと言う。
 もしかしてカバンやジャンパーのポケットの中なんかに入っていないか、とい
う ことでそばの交番の中で調べてみるが、やはり無し。

 戸田がエスカレーターから移動した直後に在特会らの誰かが盗んだ可能性が高いと思う。
 誰かが持ち去ったからメガネが見あたらないのであ り、一般の人が落ちている
メガネを持ち帰るとも思えない。

 その後、戸田は「在特会らに襲撃され、ヒザ蹴りも受け、メガネを落とされて
失わされた」ことで警察に被害届けを出す、と決断した。
  その意思を警官に伝えると、「近くの曾根崎署で受け付けるからそこへ行って
くれ」、と言う。
 しかし、「歩道橋の上にはまだ右翼が残って いて騒ぎが起こるから別の道で行
ってくれ」、と言う。

 戸田が「それはおかしいやろ。暴行するやつらがいるんなら、それを取り締ま
るのが警察の仕事で、善良な市民の側にそっちを通行するな、と 言うべきじゃな
いだろ」と抗議するが、全く考えを変えずラチが明かない。

 もうひと騒動構えるには時間がもったいないので、やむなく地下道を通って曾
根崎署に行き、被害届けを出してきた。

■実は戸田は録音もしているし、動画撮影もかなり出来ている。
  これらを証拠にして、戸田を集団襲撃した在特会・主権回復会には徹底的な
制裁を行なっていく!
  戸田に襲撃をかけてタダで済むと思うなよ!

■人間のクズ=在特会・主権回復会の戸田への4/7集団襲撃糾弾!
 悪質な集団暴力常習の在特会・主権回復会を解体に追い込もう!

 近日中にアップする証拠動画をお楽しみに!

 この在特会という人間のクズは問題だけど、警官の対応が もっと問題と思う。警官の対応がこうしたクズをのさばらせている。むしろ、本当は警官が弾圧をしたいのだけれどそれはできないので、在特会にやらせている のではないかとさえ思える。デヴィ夫人が、右翼団体から街宣襲撃を受けた時に「警 察は、誰のために何のためにあるのか?」を書いているので、読んでいただければと思う。

 と少々話が脱線したが、この一般市民の敵といってよいクズゾンビ集団の代表が、小沢氏不起訴不当の審査申告人となっていることがわかった。しつこ いようだが、報道は一切これを伏せているので世間には知らされていない。

 この人が、申告した理由は、検察が不起訴にした事実とは無関係の「外国人参政権実現のために誰よりも積極的 なこの民主党大物政治家の動きを止めなければならないから」と、外国人参政権を実現させな いため、小沢氏を失脚させる」という政治的目的をとげることとわか る。

 検察審査会を主導した弁護士も11人全員を感情的に不起訴へと導いたところをみると、政治的目的を持っていたのではないかと疑わしい。審査員の 11名が、無作為にクジで選ばれたのかどうかも国民側からは見えないため疑わしい。

 で、↓というごもっともなコメントをいただいた。

検察審査会の構成員は事件に関係する人であるとその評決に予断が入るから、事件関係者は構成員から排除されなければならない。今回の小沢案件 は政治 事件であるから、どんなに無作為に選ばれた人選であっても事件関係者であることは明らかで、どちらの評決に転ぼうがその構成員の政治的立場 から予断が入る ことは免れない。そうすると、そもそもこの検察審査会制度そのものが政治事件には馴染まないし、あえて言うなら構成員の人選 において政治的信条も含めて無作為の証明が出来なければ違法性の疑いがあると思う。

投稿: Henry | 2010年4月28日 (水) 20時15分

  申告人が政治的目的のために小沢氏不起訴を不服として申告したが、弁護人、構成員も、政治的信条を持っている。弁護人、構成員選出が政治的信条を含めて無 作為であるとの証明ができなければ、政治的目的達成のために行われたやらせ審査会であったとの疑いを拭い去ることはできない。違法性の疑いがある、と私も 思う。

●弁護人と11人の構成員が政治的信条を含めて無作為に選出されたとの証明が必要である。

 とともに、岩上さんのインタビューで鈴木宗夫氏がおっしゃっているように、

●秘密裏に行われている検察審査会の取り調べを可視化しなければならない。
●調書主義なので、調書をとられる人の可視化もする。被疑者より も証人になる人の可視化をしなければ冤罪はなくならない。検察から誘導誤導されるから。

 ということが、行われなければ、ならないし、ま た、

●申告人を匿名にしてはいけない。

 を、付け加えておきたい。




 こちら↓ に重要な証言があるので、ぜひごらんください。
 岩上安身氏による100428鈴木宗男インタ ビュー.flv



鈴木宗夫氏の証言

2月1日、「東京地検特捜部副部長吉田マサキ検事が石川代議士に今回は起訴 できないが、検察審査会で間違いなく起訴されるんだ」という。小沢さんのこと。

その時、吉田という検事は、テーブル叩いて、こら石川、おまえ水谷から 5000万をもらっただろうと、迫ったというんです。


「起訴相当」検察はそういう風に持っていこうというの がありありなんです。そういうストーリーなんです。予想されたこと。

検察官がどういう説明をするかによって、まったく審査会の一般の皆様の受け止め方が違っているでしょう。報道によって、小沢さんがなんかやましいこ とをやっているだろうと1年間流されているわけですから、
一般の審査会の皆様は、どうしてもなにかあるのではないかという受け止めをしてしまう。
こ れは不幸なことですね。公正じゃないですね。

特捜部のシナリオ通りだと思う。権力の暴走は恐いですよ。

検察審査会、取り調べを可視化しなければならない。

調書主義ですから、調書をとられる人の可視化もせねばいかん。被疑者よりも証人になる人の可視化をしなければ冤罪はなくなりません。検察から誘導誤 導されますから。

今回の検察審査会の予想されていた結論を聞いて、民主主義の危機と思っている。権力暴走の歯止めをかけなければいけません。

与党野党は関係ありません。
自民党議員だって、今は野党ですけれど、与党になれば狙われますよ。


※このブログは、ふじふじのフィルター(ココログ)がトラックバックできない場合に使用しています。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふじふじさん

Author:ふじふじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。