スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀と大蔵(現財務)省が、日本経済を破壊した。今も・・。

 玄葉光一郎氏という方は、政権交替するまで顔も名前も知らなかったんですが、福島選出の民主衆議員で、ニセ黄門さんと7奉行の一角にいるらしいで す。次の衆院選が終わったら消費税は上げるべきだなんて言ってます。報道によりますと、IMFも日本は消費税を上げろと言っております。今までにも、仙石 氏、前原氏、大塚氏などが、消費税引上げを言い出していましたが、ここで、日本を国家破産させたがっているIMFが消費税引上げを勧めたことで、彼らの素 性というものがわかったような気がします。管直人氏もこの方たちと同類なのでしょうか?消費税増税なんてことをおっしゃってますが。

 さて、20年前の1990(平成2)年、日本経済はバブルが崩壊して、大きな痛手を受けましたが、その崩壊後からいままで、日本経済はほとんど成 長せず、国民所得は減りこそすれ増えずにいます。紺谷典子氏著「平成経済20年史」を読んで、世界の平均所得は約20年で2倍になったと知りました。な ぜ、日本が成長しないかというと、間違った改革が次々と行われそのたび経済は打ちのめされ立ちあがることができなかったというもの。日本経済低迷の元とな る20年前のバブルの崩壊自体が、日銀と大蔵省で行われた犯罪的なものだったということをしりました。バブルの崩壊がどのようになされていったのか、紺谷 氏の著書からはしょりながら、引用してみます。

 平成2年バブルが破裂。平成4年8月、最高値の約3分の1、1万4309円まで暴 落。1年遅れで資産バブル破裂。バブルは破裂して初めてバブルとわかる。 破裂の衝撃は大きいからなるべくソフトランディングが望まれる。が、三重野靖日銀総裁は「日本の株価と地価を半分に下落させる」と言って実行。

 日本経済の安定を目指すべき日銀総裁が、
株価と地価を意図的に暴落さ せ、日本経済を破滅へと導いた。日銀の最大の失敗は、低金利を続けバブルを生じさせた ことではなく、急激な金利上昇で意図的にバブルを破裂させたこと、破裂後、なおも金利を上げ続け、回復不能までに株価と地価を暴落さ せたこと。

 日銀は平成元年5月末、ルーブル合意後2年続けてきた2.5%の政策金利を引き上げ、10月12月とさらに金利を上 げる。平成2年正月から株価下落。日銀 は3度の利上げでも年末まで株価上昇を苦々しく思ったか?年明け下がりかけた株価は慎重に見守るのではなく叩き潰すチャンスに見えたのだろう。

 株 価がすでに2割近く下落していた平成2年3月日銀は、一気に1%という大幅な利上げを行い、8月にも0.7%の利上げを断行。15 カ月の短い間に、 2.5%から6%へ金利は引き上げられた。通常でもこれだけ急激な金利の引き上げは、市場の調整能力を上回る膨らみ きったバブル時にそれを行った

 ま、このバブルの崩壊も某国から命令されてやらされたたものではないでしょうか。そんな気がします。意図的株価操作という堂々たるインサイダーで すね。まぁ、それにしても、小泉政権の日本痛めつけがすごいと思っていたけど、こうしたバブル崩壊の事情をしって、三重野氏も負けず劣らずすごいと思っ た。そして、三重野氏から小泉政権に至るまでに、改革という名の日本経済潰しが延々と行われて、いまだに低空飛行のままでいたんだなぁということをしりま した。

 宮沢首相は、事態の緊急性を理解し、非難を覚悟の上PKOを決断するが、「内閣不信任案」が可決。その座を追われることになった んだけれども、

 紺谷氏は、多くの経済専門家が、日銀や大蔵省の誤った政策の非難をしなかっただけ でなく、必要な政策の邪魔をしたと指摘している。マスコミも、三重野氏を「平成の鬼平」と持 ち上げるだけ持ち上げたということで、日銀、大蔵省、マスコミの官報複合体が、日本経済を叩きのめし立ち直らせなかったとみるべき ですね。小沢氏を金まみれデマで葬り去ろうと特捜検察とマスコミがタグを組んだ手法そっくりが見られるわけですね。ま、官報複合体は、経済においても国民 の敵としてバブルのころに活躍していたことが分かるわけです。

 民主党の子供手当は子育て支援だけでなく経済効果も狙える良い政策にもか かわらず、バラマキだとか貯蓄するだけだとかの非難が喧しくマスコミや議員から聞こえてきて、今も国民にとって必要な政策には邪魔が入ります。

 バブル崩壊後、細川政権、橋本政権は、大蔵省のシナリオに沿い改革を行うが、景気を悪化させるばかりで、自殺者は毎年3万人を超えるようになる。 小泉政権では、竹中平蔵氏を用いたことでアメリカ直営のごとくの改革が行われ、さらに庶民サービスを低下させて負担増を行い、製造業に派遣を認め1千万人 ものワーキングプアを作り出し、庶民経済や社会保障基盤をズタズタに破壊し、庶民を身分不安定・収入減・負担増へと追いやる一方、外資を優遇し企業を次々 と乗っ取らせ、大企業に利益を集中させることにより、外国人役員報酬や株主配当金として、海外へ大量の資金を流出させるようにした。

 もう、ほとんど小泉政権で日本は壊れ切った状態ではないかと思うけど、ここで消費税15%へ引き上げが、叫ばれ始めているが、消費税引上げは、苦 しい庶民の財布からさらに多額の税をむしり取ることにより、庶民をより一層貧困へ陥れるとともに、消費を冷え込ませ、倒産続出、餓死者自殺者増大させるこ とになるでしょう。

 それにしても、財務省は、財政赤字解消のためとして庶民に消費税の引き上げを押し付けようとしているが、そもそも、 その赤字を作ったのは一体誰なのだろうか?私たち一般国民ではない。赤字のツケは、その作った人なり機関に回すべきだと思う。そういえば、財務省は米国債 を100兆円も買っているというじゃないですか。国交省では、ダムや地方空港など完成すれば赤字なコンクリート事業で税金をたらふく食っておきながら、出 来上がって赤字は地方自治体に押し付けるとはどう考えてもおかしな話だ。赤字施設を計画実行した人たちへ赤字の責任を取らせ、損害賠償をさせるべきです。 国民への著しい背任行為として刑務所へ入ってもおかしくないと思う。

koteihandlesさんのtwitterで、下記の指摘が ありました。

厳密には借金とは異なりますね。そもそも国が国民から借りて国民が国に返すというのはおか しいですよね。だから厳密には借金ではない。 QT @hapi1225: 借金(国債)を日銀に金を刷らせて返せばいいという感覚・・・。 国民の金を借りて、返済は印刷した紙切れですませばいいと...

●借りた人が返すのが借金。これは間違いない。では、貸 した人が返す?「国債」は借金?


 国債は厳密にいえば、借金ではないとおっしゃってますね。国債=借金と する考えにはレトリックが潜んでいるだろうとは思っていたけれど、借金ではないとするとなんでしょうね?国債を発行して国民から融資をうけ、公共事業など に使用したと見るべきなのかな。もちろんその融資に答えるよう有益な運用がなされていれば、国民へ利益をもたらすものだろうけれど、実際には、官僚機構が 私利私欲で動き、むしろ焦げ付かせても強行するという運用がなされていたと思う。結果、無用な箱モノが林立し、赤字を垂れ流すことになる。


  ま、まじめに運用していたとしても、運用失敗で損失が出たなら、その損失は運用した側が被るのは当然であると考える。国債を購入した側に請求はありえな い。

 国債資金運用にかかわった人たちにこそ、赤字の責任があり、融資した国民の方が、彼らの責任を追及するのがスジじゃないか。それ が、あべこべに、国民へ増税して赤字を埋め合わせるとは筋違いも甚だしいのでは?



  また、他にも消費税税率引き上げの狙いは様々ある。法人税の引き下げとセットとして行われ、企業には減税分の利益を生み、輸出関連企業には消費税の割戻し という利益を生むが、消費税率が高ければ高いほどその額は増え、利益は大きくなる。

 まだ、もう一つあって、消費税を社会保障費にすると していることから、現在は企業が負担している社会保険料がゼロにされることでも、企業には利益が生まれる。

 消費税引上げと法人税引き下 げで、このように企業には大きな利益が生まれるが、それは、決して労働分配には向かわないと断言する。これらの利益は、役員と株主が山分けをすることはわ かりきっている。

 消費税引上げは、国民には負担増しかないが、大企業にとっては、利益を生む魔法の杖だ。その利益大幅増は、くどいよう だけど役員報酬と株主配当金に化ける。これは、大企業のごく一部の人間が日本の富を分けあう国になるということだ。役員も株主も外国人多数となり、日本人 が汗水たらして働いて得た利益は、おびただしく海外へと流出することを意味する。私達は、外国人の奴隷状態になりますね。

 まぁ、日本を このようにしようというのが、消費税引上げ、法人税引下げです。消費税引上げ、法人税引下げを叫ぶ政治家、経済評論家、コメンテータ―とは、財務省の配下 であり、つまりは財務省の背後にいる某国の配下であり、誤った政策を積極的に支援し、必要な政策の邪魔をするものたちであり、日本経済を破壊するために活 動している人たちなのだと考えてます。

 私たちは、これ以上日本経済を破壊させられないよう間違いを見抜き、消費税増税を主張する議員な どは、私たちの代表としては全くふさわしくないのだから、選挙で落とさなければいけません。それにしても、なぜか、今回改選を迎える参院議員からは、消費 税引上げを言う声は全く聞かれないようです。

 日銀の政策もこれから一層注意してみておく必要がありますよね。

 なお、 バブルを叩きつぶした三重野日銀総裁は、「世界のベストバンカー賞」を授与されたとのことです。


 最後に、

 国民生活を破壊する「消費税引上げ、法人税引下げ」に反対します!
 逆に、「消費税 の廃止、法人税の引上げ」を求めます!



※ なお、このブログは、ふじふじのフィルター(ココログ)がトラックバックできない場合に使用しています。

テーマ : 税金
ジャンル : 政治・経済

中国を仮想敵国(脅威)とみなした場合、海兵隊(米軍)が抑止力にはなりえないことはハッキリしている。

 QAB琉球朝日放送で、開局15周年記念報道特別番組として、

どうなる普天間移設~朝まで徹底生激論~ 5月14日(金)深 夜1時25分が行われました。

 という情報もtwitterで事後に知ったのですが、ネット配信されているので、今からでも見ることができる。便利な時代になったものです。

  この朝生を見て、中国を仮想敵国とみなし脅威をあおり、海兵隊が必要と主張することがいかに的外れであるかが、よくわかりました。

 しか し、不思議なのは、米国も台湾も中国に接近して仲良くしようとしている事実があるのにも関わらず、中国を脅威とみなしている人々が、日本独自の防衛を考え ず、まだ米軍に安全保障を頼ろうとしていること。これが、私には理解できません。

 一部ですが、文字にしてみました。

□ テーマ1 「抑止力とは,海兵隊とは…」

【沖縄の海兵隊は抑止力か?】

○井波洋一 宜野湾市長

 去年の2月、日米は、グアム協定を締結いたしました。国会でも承認されましたけれども、今、グアム協定を持ってきて いるんですけれども、抑止力というのがきちんと書かれています。

 どういうことかというと、グアムが合衆国海兵隊部隊の前方の展開駐留に重要であって、その駐留が、アジア太平洋地域において 安全保障日本に対する合衆国の役割の保障も与えて、この地域における抑止力を強化すると、そのために、8000 名の海兵隊部隊を沖縄からグアムへ移すと、そして、そのために60億ドルのお金を日本政府が支援をする。これが、一番の根幹なので すね。

 でも、実は、抑止力の議論をするときに、グアムへ移す8000名の話が全く消えてるんです。ここにおかしな問題が あって、現に沖縄の海兵隊も今、年のうち半年はいません。普天間のヘリ部隊、これ、どこへ行っているかというと、オーストラ リア、タイ、フィリピン、韓国、グアム。

 つまりですね。太平洋における唯一ヘリ基地なんですね、普天間は。確かに重要なんです。でも、これが、2014年にグアムへ移るというのが、今回のグアム協定なので、そこへ行った方が、抑止力はより強化されますよというのが、日米の認識なのですね。認識の上で、60,9億ドル出ているんで、その部分が全く説明されてない。

 ここがやはり私は、今の問題をとても矮小化している感じがする。


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 私が聞いているのは、2014年にグアムへ移ったと、沖縄に残るのが、普天間36航空軍と第4連隊

  それはなぜかというと佐世保にいる揚陸艦へ載せる32ミューの親部隊だから、それだけは残さざるを得ないので、それだけは残る。それが、つ まり12000人~14000人から8000人を引いた残り。それまでグアムへ移るのなら、全部グアムへ移ってしまうことになるので、 ちょっとそれは話がおかしい。


○太田昌秀 元沖縄県知事

 今、田岡さんがおっしゃった8000人というのは、一応、日米両政府で合意されていますよね。ところが、グア ムの計画をみると、1万人以上海兵隊を集約するところが書かれていてこれは、井波市長がいくつもの証拠をあげて、ヘリ部隊も グアムへ移るということをはっきり言っているわけですよ。

 吉田ケンセイ君が、海兵隊はグアムへ移るという本を書いていて、きちっと彼も裏付けているわけです よ。ですから、そういった意味からね、抑止といった場合はね、脅威というのがあって、その脅威というのが、何かというと、他 国を攻める侵略するという意思があるということが一つ、意思があってもそれを裏付ける実践できる軍事力がなければ脅威にはならないわ けですよ。それから、軍事力があっても、攻める意思がないと脅威にならないわけです。

 これまで、政府は、いつも仮想敵国はどこかと説明したこともないし、どこに脅威があるといったこともない、従って、海兵隊の抑止というのも さっぱり意味がわからんわけですよ。

 さっき話したように、グアムに沖縄に代わる一大軍事拠点を造るということ が、アメリカの太平洋軍の政策であって、海軍省が今統合軍事開発計画というのを着々とつめて、オバマ大統領は、4 億8千万ドルの予算も組んで、さらに、5千万の予算を要請しているわけですよ。そういう状況の中で、海兵隊の抑止というのは 違いますよね。


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 今、おっしゃっているのは、変だと思うのは、もしも、2014年に全部出てってくれるのであれば、こんな議論をする必要全くない。全部いなくなる のだから。そんなうまい話にはならないんで、だから大変なんです。何もしなくていじゃないですか。


○井波洋一 宜野湾市長

 違うんですよ。実は、その時に辺野古を作るという合意もしてんですよね。2006年に。それは、何かというと、主要 基地はグアムへ移ります。要するに、今、米軍再編成という大きなトランスフォーメイションのなかで、主要基地として選ばれた のはグアムになりました。今まで沖縄が海兵隊の主要基地でした。これがグアムへ移るんですけれども、沖縄に前方展開の兵力を 置かないけれども展開の拠点を置きましょうという合意が辺野古への合意と理解している。


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 そうすると、数千残るわけですよ、8000を引いても、それは、何の部隊なんだと。


○井波洋一 宜野湾市長

 2008年の9月15日に、海軍長官米連邦議会の会員の軍事委員長に報告書を出して いるんですよ。
 これは、沖縄から移る詳細の部隊名が全部のっています。

 で、それに普天間の部隊は、11部隊入っているんです。管制部隊も入っていますし、整備部隊も入って ます。36航空部隊は入ってないでも、普天間の航空部隊がいくらぐらい行くかと18500人ぐらい行くんで す。普天間には2000人ぐらいしかいないです。グアムには37ヘリが来るんですね。普天間には36しかいないん です。

 グアム移転については後の話になるかもしれませんが、この辺りが全く議論されないまま抑止力の話であるとか、なんかそういう議論になっているもん だからおかしいと思うんです。


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 脅威をきちんと認定しないとまずいのは、たとえば、日本では、中国が脅威で、台湾で紛争になるようなことばっかり言うけれども、た とえば、アメリカでは、太平洋軍司令官がワシントンでの会見でも、我々は中国を脅威とは見とりません というし、前の太平洋艦隊司令官が中国へ行って、中国が航空母 艦を持つのは当然のことであって、アメリカ海軍はできるだけの協力をしたいパウエルは、前に、台湾が憲法改 正しようとしたときに、CNNで、やがて来るべき統一ということを妨害しようとすることはよ ろしくないということを言っているわけです。で、それは、のちに議会で訂正した時に、その時は、統一といわずに、平和的解決という のが外交のテクニカルタームでありますという訂正だから、アメリカのいう平和的解決というのは、すな わち統一のことなんです。

 だから、アメリカは統一させたい。だからこそ、馬英九のように親中派で、どんどん中台一体化を進めるのは、どんどんア メリカは全面後押しとみていると

 アメリカの本音は中台の統一、平和的統一にあるなと。だから、日本が 考えているような、中台が喧嘩をしてアメリカが台湾の後ろについて、なんてのは全く頓珍漢な議論に なっちゃう。


○佐藤学 沖縄国際大学教授

 そもそも中台紛争があるとして、沖縄にいる海兵隊は全く無力です。何 もできません。あるいは、朝鮮半島有事があったとして、沖縄の海兵隊が抑止力にならない。それは、そもそも話が違います。海兵隊の役割とはそういう ものではありません


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 抑止力になるのは、原子力空母とせいぜい三沢にいるF16ぐらいで、嘉手納にいるセンコウ戦闘機もあまり抑止力にならない。


○司会

 類推でいう抑止論の中で、今いろんなメディアが抑止力とは何かという説明をするなかで、いろいろ私たちが耳 にするのは、たとえば、フィリピンからアメリカ軍が去ったときに、ナンサが取られたように、沖縄からいなくなるとすぐに、尖閣が取られるというよう な説明が今なされているわけなんですね。沖縄から海兵隊がいなくなったらすぐにどこかがやってくるという脅威というのは、これは実際あるん でしょうか


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 アメリカは、まず、領土紛争にはコミットしないというのが、基本ポリシーなはず。だから、モンデールもうっかり言っちゃったんだけれ ども、まずいのは、尖閣諸島、あそこにアメリカ軍の射爆場がある、基本的には、ナンサであろうが、小さい領土紛争にはコミットしない。


○佐藤学 沖縄国際大学教授

 海兵隊の沖縄からの撤退が、もしも日米関係の決裂ということになると、日本が孤立する状況になるとそれはどうなるかわかりません。

  だからこそ、沖縄の海兵隊の撤退を平和に、あるいは、アメリカにとって利益になるんだとやっていけば、抑止力ということが、海兵隊が沖縄にいる ことが、軍事的に抑止力ではない、しかし、政治的な日米関係が続いていくことは大事である。という方が、政治的な形で、日本に手を出 すことはできないという形にしておけば、沖縄にいるいないは関係ないですよ。


○田岡俊次 軍事ジャーナリスト

 日本の新聞には載っていないが、大事件がありまして、この前、5月1日に、馬英九が、CNNに出て、我々は、アメリカが台湾のために戦ってくれるように頼むことは絶対にない、never、 very very clear それははっきりしてるんだといって、米軍が台湾のために戦争をする ことはないんだと言って、アメリカ人をむしろ喜ばした。だから、国務副長官がそのあと、記者会見で、事態は非常にいい方向に動いていて、アメリカはこれを非常に歓迎するといっていて、アメリカも馬英九も親米派で、イコール親中派になっちゃったと。

 なぜかというと、アメリカ自 身が、大変な親中派で、陳水扁みたいに、独立を言って、アメリカと対中関係を悪くするやつは とんでもない反米派になった。

 中国と台湾の航空便、2年前に馬英九が政権を取り、直行便を開いたら、もうびっしり1週間270便1 日40便飛んでいるわけ。沖縄と本土以上に飛んでいるわけ。は、年間1万3千隻台湾と中国の間を行き来しているわ けです。しかも、関税同盟を結んでというか自由貿易協定を結んで、関税を廃止するというわけ。馬 英九になって、台湾と本土の一体化を一生懸命やると、それをアメリカが後押しを していると。
もしも、アメリカが中国と対立する気があれば、馬英九があんなことをやっているのを大変な警戒心を感じて妨害している。逆であって、 陳水扁の独立派は、弾圧的にやって、一体派の方を必死になって支援すると、ホント変なんだ。

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

遺伝子組み換え作物による日本農業侵略危機迫る!

 「遺伝子組み換え作物」についてのコメントをいただきました。パブコメ4月30日締め切りの分もお知らせをいただいたのですが、書けずにいまし た。今回は、19日締め切りです。


 「遺伝子組み換え作物」による食の破壊が、政権交代をして新しい政権となってもストップがか からずに、そのまま進行しています。といっても、民主党政権が、遺伝子組み換え作物を危機とみているかどうかの疑問がそもそもありますが、とりあえず、農 水官僚は、政権が代わっても前の政権のまま交代なく、アメリカに指図されるままGMO導入を着々と進めているという感じですね。

 米国背 骨(BSE危険部位)付き牛肉が見つかったときの赤松農水大臣の対応をみると腰が引けていたことや、4月20日に発生した宮崎県の口蹄疫(処分が必要な牛 や豚は7万頭を超)の現状を見ると、この大臣も頼りにならない感じですが、農水省が遺伝子組み換え作物の承認という農業の根幹にかかわる重大なことを、ほ とんどの国民が見ていないだろう農水省のホームページでひっそりと知らせ国民から意見を求めているってことを御存じなのかどうか?申請書は、「農林水産大 臣 石破 茂 殿と環境大臣 斉藤 鉄夫 殿」あてになってます。そもそも、この案件を民主党政権は止めるべきじゃないんですか?

 とに かく、この国の不幸は、各省庁官僚が国民の意思を問うことなく政策を進めていってしまうことにあります。まだまだ、どの省庁も官僚主導で、政治は全く抑え ることができていません。これで、政治家を減らす公約なんて止めた方がいいってこともわかります。

 では、いただいたコメントをそのままご紹介します。

締め切りは、5月19日です。

【遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びパパイヤの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について】
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001203&Mode=0

【カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認申請について学識経験者の意見の聴取を終えた審査中の案件一覧】
(平成22年4月19日現在)
http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list2.pdf

  ダイズ、トウモロコシの申請者は日本モンサント株式会社、パパイヤは、ハワイパパイヤ産業協会日本事務所で、第一種使用承認申請をしているわけですが、

 第 一種使用規 定とは、↓。

カルタヘナ法(2003)に基づく遺伝子組換え生物の 使用に関する規程のひとつ。
 遺伝子組換え生物の栽培や加工、運搬、廃棄等の使用に当たっ ては、主務大臣への第一種使用規程の申請により環境中への拡散防止に関する特別の措置をとらなくても生物多様性へ の影響のおそれがないとされる場合には、主務大臣に対して第一種使用規程の申請を行い、学識経験者による生物多様 性影響評価を実施した上で問題がない。


 わかりにくい日本語ですが、要するに、栽培や加 工、運搬、廃棄等で、特別なことは何もしなくていいよという許可を与えるのが、第一種使用承認ですね。一応、学識経験者による生物 多様性影響評価を実施したうえで問題ないとされた場合となっていますが、これは、承認を与えるための儀式みたいなもんでしょう。今まで、申請されたもので 問題アリと却下した例が一つでもあったのかどうか知りたいもんです。とりあえず、学識経験者の名簿はこち らです。学 識経験者の意見(資料5)もご覧ください。

 「環境中への拡散防止に関する特別の措置をとらなくても生物多様性へ の影響のおそれがない」と認可を与えて、もし、影響が出たときには、この学識経験者は責任を取るとみてよいのでしょうか。

 そして、承認 を申請しているのは3つではなくて、4つですね。

1 名称:除草剤ジカンバ耐性ダイズ
(改変dmo, Glycine max (L.) Merr.)(MON87708, OECD UI : MON-877O8-9)
申請者:日本モンサ ント株式会社

2 名称:除草剤グリホサート誘発性雄性不稔及び除草剤グリホサート耐性トウモロコシ
(改変 cp4 epsps, Zea mays subsp. mays (L.) Iltis)
(MON87427, OECD UI: MON-87427-7)
申請者:日本モンサント株式会社

3 名称:パパイヤリングスポットウイルス抵抗性パパイヤ
(改変PRSV CP, uidA, nptII, Carica papaya L.)(55-1, OECD UI: CUH-CP551-8)
申請者:ハワイパパイヤ産業協会日本事務所

4 名称:チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ
(cry1A.105, 改変cry2Ab2, cry1F, pat, 改変cp4 epsps, Zea mays subsp. mays (L.)
Iltis)(MON89034 × B.t. Cry1F maize line 1507 × NK603, OECD UI:
MON-89O34-3 × DAS-O15O7-1 × MON-OO6O3-6) (MON89034, B.t. Cry1F
maize line 1507 及びNK603 それぞれへの導入遺伝子の組合せを有するものであっ
て当該トウモロコシから分離した後代系統のもの(既に第一種使用規程の承認を 受け
たものを除く。)を含む。)
申請者:ダウ・ケミカル日本株式会社、日本モンサント株式会社


  地球上の生物は、すべて、親から子へと形質(顔、皮膚や目の色など)を継承していくが、そうした「遺伝情報」の一単位を遺伝子と言います。遺伝子組み換え とは、植物に動物の遺伝子を組み込む等の種の壁を越えるという自然界に絶対に発生するはずのない作物がつくられます。それが、子孫を残さず毎年種購入しな くてはならないということも問題ですが、自然交雑して既存植物の遺伝子を汚染するということも起きています。しかも、モンサントが特許を持つ遺伝子が作物 から発見された場合、モンサントから特許権侵害で訴えられ、賠償金を支払わされます。遺伝子組み換え作物の既存作物汚染はし放題で、汚染が進むほどモンサ ントが儲かる仕組み。作物全部が汚染された場合、作物はモンサントの支配下に入るという恐るべき食糧侵略です。

<モ ンサントの契約書:パーシー・シュマイザーさんの同意を得て公開>

4、生産者はモンサントに対し、 キャノーラが栽培されている生産者の全ての所有地または 借地の査察とサンプル採取、試験の権利を認めこの合意書の各項への同意後3年間モンサン トが生産者のキャノーラ 畑と穀物貯蔵庫の調査を行う権利を有することを承諾する。全ての査察は適切な時期に、可能な らば生産者の立会いのもとで行われる。生産者は又、要求に応じ てキャノーラが植えられた全ての畑の位置情報を以後3年間提供することに同意する。生産者はモンサントがこの査察とサンプル採取、試験の権利を行使するた めに必要な全ての許可権限をもち、あるいは取得できる。

モンサント、遺 伝子組み換え作物「不正使用」で農家を次々と提訴

モンサント社に脅される農民

「農業関連大手モンサント社の恐怖の収 穫」(1)


そこでモンサント社は特許侵害の疑いを抱くと
調査員や私立探偵を送り込み農家や種子取引業者を監視します
パイロット・グローブでも多くの農 民が標的になりました
すでに20戸を超える農家が同社との示談に応じています
地域の中心存在である種子組合は示談に応じませんでした
「農 家が持ち込む種子が従来種か 遺伝子組み換え種か」
「われわれにわかるはずがない」と組合側は反論しました
「われわれに顧客を取り締まれ というのか」と

そして裁判になるとこの小さな町に
モンサントの大調査隊が乗り込ん できました
探偵を使って農民を撮影した監視ビデオは17巻を超えます
畑や店に出入りする農民を企業が撮影しているとはね

撮 影場所などはわかりませんが法廷記録はビデオに触れています
こういう証拠を並べて調査員は農民を脅します
「清く特許侵害を認めて示談に応 じた方が身のためだ」と

普通はそこまでいきません モンサント社と争いになると
た いていの農家は訴訟を匂わすだけで示談に応じますから
自分は無実だと思っても裁判で争うだけの力がないのです

怖 くて食べれない話(遺伝子組換えを押し売りするアメリカ)


アメリカ
 主食の小麦だけは遺伝子組み換えを生産せず

アメリカ穀物協会エリクソン氏 
 小麦は人間が直接口にするがトウモロコシ・大豆は家畜のえさ

アメリカ農務省ター プルトラ次官補
 日本農家を守る関税があることで農業改革の機会が失われている
 
 遺伝子組み換え作物について
 アメリカが世界の食糧需要にこたえるため非常に有益
 日本人は一人当たりで最も多く遺伝子組み換え作物を消費している

 日本の食料自給につい て
 アメリカとの関係を発展させ続け相互理解と信頼を深める方がよい


 私は、パブリックコメントに反対を書き込むことの 効果については甚だ懐疑的でありますが、書かないよりは書く方がいいに決まっています。

 遺伝子組み換え作物が、農水省によって続々と承 認されていっているのは、恐るべき国民への裏切りです。農水官僚は、外国による破壊的農業侵略を許しています。私たちは、食の安全を守るために民主党政権 に訴え、政治力で農水省を動かし遺伝子組み換え作物の栽培禁止の方向へ持っていくべきではないでしょうか。

 民主党へどんどん訴え ましょう!

 ご意見は こちらへ(民主党)



 一つ書き忘れていました。確認はとれていませんが、十二分に考えられる事態です。 twitterから。
http://twitter.com/fujifuji_filter/status/13917927532

驚愕しました!@Bu_uuu タキイ種苗、トキタ種苗、日本農林社、みかど協和、カネコ種苗、サカタの種、武蔵野種苗園など9割以上が実はモンサントやカーギルなどに経営権を買収され ており、実質的にロックフェラーの会社という実態 @aburatorisugi    悪夢!



 ※なお、このブログは、ふじふじのフィルター(ココログ)がトラックバックできない場合に使用しています。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

日本企業を乗っ取る法整備(外国人弁護士が活動できる)がなされようとしています!

 いよいよ、外資による日本経済丸取りが進行していきつつあるようです。

 日本経済は、企業が終身雇用制の社員へ利益を分配し、消費が伸び、企業が発展するという風に、企業がけん引役をして社会へ利益を還元しつつ発展し てきたものです。

 ところが、小泉改革で、製造業に派遣を解禁し、社員を派遣にし使い捨てにし、正社員もリストラや給与を減らし、企業利益のみふくらませるようにし ました。

 そうして、国民を貧乏にした分、企業は利益をふくらませ、結果、内部留保金200兆円、役員報酬は2倍、株主配当金は4倍になりました。

 

  その企業は、小 泉売国カイカクのせいで、いまや、株主は外国人が、60%とほとんど乗っ取られたといっていい状態になっていますが、

 ここで、とても危険なことがわかってきました。

 まるこさんのTwitterからです。

http://twitter.com/maruco2271/status/13483643202

また危険な法案が知らないうちに可決してし まう!「外国人弁護士の法人経営容認へhttp://headlines.yahoo.co.jp/h...こ れは08年年次改革要望書からじりじり緩和されたどり着いた「外国企業による日本搾取の防壁が取り払 われる法案」。M&Aが発生した場合に、外国人弁護士が活動できる


http://twitter.com/maruco2271/status/13484810452

日本の企業がのほほんとしていると乗っ取られると いうことです。株主が外国人になれば内部留保を分配させられ、リストラさせられ、研究開発費は削られ ます日本の産業は衰退します。格差はもっ と大きくなるのです。いっそ上場廃止したほうがいいんじゃない?と思ってしまいます。@kazuwow


  まるこさんの分析は、当たっています。私は、ここまで考えつきませんでした。

 もう本当に奈落の底がぱっくり口を開けているのが見えるようです。

 法務省は、米国の要求に忠実に従い法整備を進め、日本企業を 売り渡そうとしているのです。


※このブログは、ふじふじのフィルター(ココログ)が、トラックバックできないときに使用しています。

テーマ : 法律全般
ジャンル : 政治・経済

検察審査会に不服申し立てをしている「市民団体」をリチャード・コシミズ氏が明らかにした。

 郷原信郎氏の ツィートから、小沢一郎氏を検察審査会に申告した人物がわかってきました。


 郷原氏から紹介されていた「薔薇、または陽だまりの猫」ブログ様の「東 京第5検察審査会の小沢氏「起訴相当」議決とツイッター現象/「草の根通信」の志を継いで  から」によると、
 

① 同在特会代表の桜井誠なる人物は「そもそもこの事件で刑事告発をしていない」。「この事件で検察審査会に申立てできるのは、『告発をした者』でなけ ればならない」のだから、桜井誠なる人物が「不起訴不当」を申し立てることはできない。②この桜井誠なる人物が自身のブログで公表 している受理書番号第2号と 小沢氏についての東京第5検察審査会の議決書における事件番号第10号は異なる(「上脇 博之 ある憲法研究者の情報発信の場」2010年4月30日付より)。したがって、東京第5検察審査会の議決における審査申立人は桜井誠な る人物以外の者ということにならざるをえません。

 あー、なるほど、「この事件で検察審査会に申 立てできるのは、『告発をした者』でなければならない」のですね。だから、「桜井誠」なる人物はありえないわけなのですね。

 し かし、こういう専門家というか詳しい方は当たり前に知っていることでも、おそらく多くの人は知らないと思います。そもそも、検察へ告発したものは誰なの か?それすら、ほとんどの人は知りませんよね?とりあえず私は知りません。Twitter上で、未確認情報を発信してしまった張本人の私が言うのもなんで すが、あえて言わせていただくと、検察に告発した人物が誰なのか秘密にされた状態で、また、検察審査会が申立人を「甲」として秘密に した状態では、「申立人」について様々な憶測を呼ぶのは当たり前ではないでしょうか。

 そして、『関東大震災で経験したあの忌わ しい「流言飛語」という凶器』とTwitterを批判していらっしゃいますが、関東大震災で行われたのは関東大震災に便乗した治安対策、警察の情報操作と して「朝鮮人暴動説」が正力松太郎により流布されたのであり、今回のつぶやきは、隠されたものを探し出そうとする無辜の民による試行錯誤であるということ で、両者は全く違うものだと思います。悪質な流言飛語が行われる可能性はなきにしもあらずではありますが。

 そして、もう一つ、こちらが間違いとい うのも、どうして言い切れるのでしょうか?くじ引きが非公開で行われ、選出された審査員も非公開では、実際に法にのっとって決められているかどうか知って いるのは関係者のみで、実は恣意的決められているのではないかと疑うなという方が無理というものじゃないでしょうか。ちゃんと行われているのか選出方法を 検証するということがあっていいと思うのですよね。

 あともう一つ、素人で構成されている検察審査会は、明石の歩道橋事故やJR西日本の 福知山線の脱線事故のような被害者がいる刑事事件においては存在意義があり、小沢氏案件のような、私なりの表現をすると、特捜検察が小沢氏へ勝手に喧嘩を 売って勝手に敗北したものが検察審査会へ持ち込まれるというのは、全く違うものという郷原氏の認識(おそらく。違っていれば訂正します)ですが、この認識 自体には賛同しますが、検察審査会というものが、検察の判断を審査するとして、結局は、被疑者に対して議決を出すところである以上、政治的利用がなされる のは防ぎようがないと思います。今のままでは、検察審査会が政治的に利用され社会へ大きく打撃を与えうることがあるわけで、存在意義は大きく損なわれてい ることに間違いないと思います。これは、運用の仕方が問題ということだと思います。特捜部案件は検察審査会へ回さないなどの規定が必要じゃないでしょう か。といろいろ書いて失礼しました。


 なんだか、いきなり脱線放題してますが、何の話でしたっけ?そうそう、申告人はだれかって ことでした。

 「杉並からの情報発信です」ブ ログ様の「【注 目記事】 検察審査会に不服申し立てをしている「市民団体」 リチャード・コシミズ氏」が紹介されています。


 というわ けで、本家のリチャード・コシミズ氏の「検察審査 会に不服申し立てをしている「市民団体」」へ飛びます。以下、広めてくださいとのことです。

この際、小沢 叩きに奔走する「市民団体」の正体を平易に説明し、小沢民主党を引きづり降ろさんとする勢力の正体を世のB層の方々に知っていただきましょ う。材料には事欠きませんから。

在特会の桜井に、主権どうのこうのの西村某、新風の瀬戸を加えた三人が似非右翼の頭目と目されています。この連中が、小沢さんを地検に告発し、今回 は、検察審査会に不服申し立てをしている「市民団体」の中心人物です。

地検への告発者に「元新聞記者」がいると報道されていますが、何のことはない、元国民新聞勤務の西村某のことでしょう。ばかばかしい。さて、この連中は、 ユダヤ金融資本・統一教会に飼われている犬なのですが、「品性下劣」度では世界最高峰を極めています。その下品な振る舞いや言動を見れば、なんびともひど い嫌悪感を覚え、このゴロツキ集団に対する憎悪で体を震わせます。

↓この動画をネット上に氾濫させてください。似非右翼暴力団と北朝鮮宗教統一教会の癒着関係を追求していたら、この下品な似非右翼暴力団がわざわざ大阪か ら新幹線で団体でやってきました。(日当、弁当付きで招集されたそうです。)この卑しい連中が、東京地検特捜部の応援団なのです。

●2001.10.01 北朝鮮右翼ダイジェスト版 (事務襲撃編) 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=JBXjeWp8L5A
●2009.10.01 北朝鮮右翼ダイジェスト版 (自宅襲撃編) 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=MIiyk1lvDPU
●ノーカット版:2009.10.1リチャード・コシミズ独立党「北朝鮮右翼」動画を公開します。
http://www.youtube.com/watch?v=sckGNYLXVKk&feature=PlayList&p=D30224079E8BECFF&index=0&playnext=1

この連中が、小沢攻撃の主体であると知れば、誰もが、小沢さんの味方になります。背後関係に気がつきます。そして、自公旧勢力の最期の抵抗は無駄に終わり ます。情報拡散にご協力ください。

●小沢氏の件、桜井氏・島津氏が検察審査会へ不服申し立て、期待?
http://megalodon.jp/2010-0208-1718-10/research.news.livedoor.com/r/40195
小沢氏を地検に刑事告発した「市民団体」に加えて、在特会の桜井誠氏、「博士の独り言」の島津義広氏が検察審査会へ小沢氏不起訴不当の審査申し立てをまし た。『その申し立てについて、「審査の申立てや相談には,一切費用がかかりません。 最寄りの検察審査会事務局までお気軽にご相談ください」、と同審査会のページに案内されている。「審査申立書の書式」(PDF)をダウンロードし、プリン トアウトして記入して郵送する。これならば、筆者にも出来る。送付することにした。』(以下の「博士の独り言」の記事から)

 



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

  こんなときほど、歌を鑑賞しようということで・・・・・。

 前には、田端義夫の「大利根月夜」をご紹介しました。今回は、三波春夫の「大 利根無情」です。作曲者は長津義司という方で、「大利根月夜」と同じ方とのこと。こちらも、平手造酒(神酒となっているところもある)の壮絶な人生をドラ マ仕立てにした歌謡曲。

 御玉ヶ池の千葉道場とは、千葉周作の北辰一刀流道場のこと。ちなみに龍馬が修業をしたのは、千葉周作の弟定吉の 道場だそうです。「妙心殿」がわからないので、検索してみましたが、答えはありませんでした。

 それにしても、三波春夫の着流し姿、声、 セリフ、表情、身ぶり手ぶり、すべてカッコいいですね。三波春夫がこんなにカッコイイとは、今まで気がつかなかったよぉ。

 田端義夫の 「大利根月夜」とどっちがいいかといえば・・・・・。
 どちらも甲乙つけがたく・・・・・。どっちもいい!!

大利 根無情

1 利根の 利根の川風 よしきりの
      声が冷たく 身をせめる
      これが浮世か
      見てはいけない 西空見れば
      江戸へ江戸へひと刷毛 あかね雲

セリフ
     「佐原囃子が聴えてくらァ 想い出すなァー
      御玉ヶ池の千葉道場か。うふ・・平手酒造
      も今じゃやくざの用心棒、人生裏街道の
      枯落葉か」

2 義理の 義理の夜風に さらされて
   月よお前も 泣きたかろ
     こころみだれて
     抜いたすすきを 奥歯で噛んだ
     男 男泪の 落し差し

    セリフ
     「止めて下さるな妙心殿。落ちぶれ果てても
      平手は武士じゃ 男の散りぎわだけは知っ
      て居り申す。行かねばならぬそこをどいて
      下され、行かねばならぬのだ」   

3 瞼 瞼ぬらして 大利根の
     水に流した 夢いくつ
     息をころして
     地獄まいりの 冷酒のめば
     鐘が 鐘が鳴る鳴る妙円寺


※このブログは、ふじふじのフィルター(ココログ)がトラックバックできない場合に使用しています。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

ふじふじさん

Author:ふじふじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。